山下達郎さん〜ラサール石井くん〜佐々木俊尚さん

六年ぶりの山下達郎さんのツアーを見た。何しろ、達郎さんのいたシュガーベイブのデビュー前から、19歳の頃の達郎さんから、追いかけている自分としては、本当に感慨深いものがある。
 そして、達郎さんも56歳になった。
 信じられない。僕の知っている達郎さんはミッキーマウスのTシャツを着ていた。これほんと。
 だって、37年前のことだもの。
 アメリカポップスを信望するミュージシャンがアメリカのポップの象徴ミッキーを胸につけていたのだ。当時、決して、ブリっているのではなく、そのセンスは格好いいと思った、心底。
 今回は、僕の昔の音楽の仲間で、達郎さんのレギュラーコーラス隊の国分友里恵ちゃん(中山美穂さんの「ただ泣きたくなるの」の作詞者でもある。友里恵ちゃんの旦那様岩本正樹さんが作曲している。名曲である)に席を確保してもらった。これがいい席で、達郎さんと真正面。
 昔から変わらない、ちょっと猫背でギターをカッティングし、熊のように徘徊する達郎さんスタイル。達郎さんは、シンガーではあるが、プロデューサーやアレンジャーを兼ねた人間。裏方の職人的要素の強い希有なミュージシャンだ。だから、どこか裏方が、表舞台でスポットを浴びて、歌っている照れているみたいなところが達郎さんにはある。その照れを見ると、この人のミュージシャンとしての清らかさを感じる。 
  「イエ〜〜〜〜」と雄叫びをあげ、首を上下し、気がふれたようなパフォーマンスばかりが目立つ、どこかのロッカーとは音楽偏差値が天と地ほど違う。
 そういうことはロックの本質とは何の関係もないことなのだ。
 来ているお客さま達が、実にコンサバである。
 観客席を見回すと、まるで、小朝さんや立川志の輔さんの落語ファン(笑)と共通している落ち着いた雰囲気がある。
 これから見に行くお客さんもいるので、ネタばらしになるので、多くは語らないが、セットもいつもながら、渋く、それでいてPOPだ。
 僕は達郎さんのアルバムジャケットを並べて見て、いつも感じる事だが、この人はアートディクレクターとしても才能がある人だと思う。それが、舞台セットにも生きている。
 青山純さんの代わりに入った小笠原拓海さんのドラムプレイ、恐るべし!驚異の実力派若手ドラマーがリズム隊を支えた。
 ライブ終了後、楽屋に挨拶に行き、その足で恵比寿にて、ラサール石井くんと合流。現在、WOWOWでカメラを廻し、僕がかかわっているドキュメントで、彼を追いかけている。4年越しの企画が通った。ラサール石井商業演劇の演出家としてのもう一つの顔を追っているのだ。石井くん演出の中村勘三郎さん、藤山直美さん、柄本明さんらの出演する「帰って来た浅草パラダイス」開演の前夜の飲み会になった。もう、演出家石井くんとしては、やることはやった。本番を待つのみで、とても、安堵を感じていた様子だった。
 この後、石井くんは志村けんさんや、上川隆也平幹二郎さんの芝居の演出が控えている。こういう演出家の一面を意外に世間は知らない。こういう彼の一面を知らしめたくて、今回の取材を半年近く続ける。
 
※告知 ラジオ日本の「ラジカントロプス2.0」http://www.jorf.co.jp/PROGRAM/radio.php
に、以前から親しくさせていただいております、現在、最も信頼が出来て、そして、論評がおもしろいITジャーナリストの佐々木俊尚さんがゲストで、僕とお話させていただいております
 佐々木さんは本来、NHKクローズアップ現代、朝生などにも出演なさる硬派なITジャーナリストですが、今回は実に愛くるしいご本を出版を初めて出版なさいました。
 携帯小説家10人に取材なさって書いた本「ケータイ小説家―憧れの作家10人が初めて語る“自分” 」を佐々木さんはお書きになりました。一体、携帯小説家の実像とは?年収は?一般の小説家と彼らの作品の差異、地方に読者が都市より多いその理由とは?
 インターネット放送、podcastで聞けますのでよろしく!