スージー鈴木さんの 「平成Jポップと令和歌謡」

f:id:sugarbabe49:20211013165558j:plain

 

スージー鈴木さんの
「平成Jポップと令和歌謡」(東京スポーツ連載を一冊に)
とにかく小気味いい関西風笑いを散りばめての評論。限られた文字数によくまとめられている。
既存の音楽評論家との違いは聴く音楽に変な食わず嫌いがないことだ。
最近、音楽評論家スージー鈴木の時代が来ていることを肌で感じる。
近田春夫さんの週刊文春の「考えるヒット」の後継者はスージー鈴木さんに決まりだな。
 

近田春夫が語る「筒美京平 大ヒットメーカーの秘密」

f:id:sugarbabe49:20211010224519j:plain

 

AuDee(オーディー)  歌う放送作家 植竹公和アカシック・ラジオ
近田春夫が語る「筒美京平 大ヒットメーカーの秘密」とは・・・その1
是非 お聴きください

ルックバック (ジャンプコミックス) コミック – 2021/9/3 藤本 タツキ  (著)

 

f:id:sugarbabe49:20210920231347j:plain

ルックバック (ジャンプコミックスコミック – 2021/9/3

藤本 タツキ  (著)

「自分の才能に絶対の自信を持つ藤野と、引きこもりの京本。田舎町に住む2人の少女を引き合わせ、結びつけたのは漫画を描くことへのひたむきな思いだった。月日は流れても、背中を支えてくれたのはいつだって──。唯一無二の筆致で放つ青春長編読切。」という粗筋と、表紙の絵に促され、いわばジャケ買い。一気読了。

物悲しい筆致が好み

司馬遼太郎さんの ロシアについて―北方の原形

f:id:sugarbabe49:20210919180454j:plain

司馬遼太郎さんの

ロシアについて―北方の原形を買ってから5年もかかって読了。

文庫本である。

マーカーをつけて読み進め、戻って再び読むも知らないことばかりで、

頭に100分の一も記憶に残っていない

この一冊 書くだけでも一生を費やしそうなのに、司馬遼太郎さんの多作は

人間のなせる技ではない。

この本を読んで、結論として、ロシアとは地理的にも恵まれず、変な国の成り立ちだ

同情を禁じ得ない

林真理子さんの「小説8050」読了

 

 

林真理子さんの「小説8050」読了

 14歳から部屋から出られなくなった翔太という20歳の息子のために、家族は何ができるのか――。

有名中学に合格し、医師を目指していた長男翔太の心をむしばんだ過去に、父親は立ち向かう。

「引きこもり100万人時代」を生きる全日本人必読の感動作!

この父親というのは歯医者さんで母親は長年 義理の父の介護をしていました

翔太の姉は優秀で会社の同僚と結婚話が持ち上がります

さて、ここから次々とこの家族に事件が勃発していきます・・・

いわゆる8050問題。80代の親が50代の子供の面倒をみている現状を年齢を若く設定して小説化した本。

オリンピックの小山田圭吾さん辞任問題がありましたが、いじめの加害者が大人に達している場合でも、遡って加害者側が提訴できるというケースがあることを知りました

リキホルモという強壮剤のテレビCM

ボクの好きななつかしいカンツォーネCMソング。

リキホルモという強壮剤のテレビCM

ソフィアローレンの映画「昨日今日明日」の映像が流れる。

https://www.youtube.com/watch?v=UfHyTgVYTaI

Al Di La 映画「恋愛専科」主題曲・アルディラ  スザンヌプレシェット

なんとロマンチックな曲。

Al Di La 映画「恋愛専科」主題曲・アルディラ  エミリオ・ペリコーリ・歌

この曲のカラオケあったら歌いたい

スザンヌプレシェットが夢のように綺麗です

この後、実生活では相手役のとトロイドナヒューと結婚、離婚。

グッドフェローズの映画でもこのシーンのオマージュのようなシーンが出てきます

https://www.youtube.com/watch?v=lRj5kZxYdyw